歴史ある宮大工の求人|現場で技術を磨く意味

職業

古くから伝わる技術者

サラリーマン

日本の歴史には、当時から現在までずっと現存する史跡や歴史的建造物がたくさん存在しています。ものによれば、1000年というあまりにも長過ぎる時を超えてきているものも有ります。しかも、それが木造建築であることを考えるとそれだけでただただ畏敬の念を表さずにはいられません。
宮大工を目指す人は、神社仏閣の建築に携わっている工務店の求人募集を探すと良いでしょう。宮大工の求人募集はホームページなどで調べることができます。宮大工は技術が大切な職業となっているので、現場で腕を磨くことが必要となります。

宮大工と呼ばれる木造建築の専門家たちは木造建築を少しでも長く保てるようにメンテンスも行なっています。木造建築の中でも重要なものは、全て宮大工が扱っているという点は知っておきたいことです。ですが、就業している人口は500人にも満たない状況です。これからも歴史を子孫に受け継いでいく為にも、状況を変える必要があります。最近は就業している人の年齢が比較的若くなってきているので、まだまだ宮大工を存続させる希望は途絶えてはいないと言えるでしょう。
宮大工という職は元来寺院に勤行している僧侶が行っていたことです。寺院にいる人間が、このような重要な建物を守っていたという証です。それは歴史的に寺院の人間が重要な役目を果たしていたこととも関連すると考えられますが、それを考えるとますますこの仕事の尊さが伝わるように感じられるでしょう。

全てを任せる

レディー

宮大工は木造建築と深いつながりがあります。現代の建物の多くは昔の技術が元になっています。だからこそ衝撃にも耐えることができる、強い建物を作ることが可能となっています。

別格の技術

面接

どんな物でも長い保ちたいのであれば定期的に問題点をチェックする必要があります。宮大工は新しく建物を作ることだけじゃなく、メンテンナスから改修まで全て行なうことができます。

技術を極める

スーツ

宮大工として一人立ちするには時間がかかります。それは、技術をゼロから身につける必要があるからです。その期間に技術だけじゃなく知識も身につけることで一人前になれます。