歴史ある宮大工の求人|現場で技術を磨く意味

笑顔

別格の技術

面接

宮大工が寺院に関して行うことの出来る工事は、新築工事のみではありません。その工事内容は、設計や施工は当然のことながら改修回復工事を行ったりしてメンテナンスが出来ます。また、寺院用の仏像や仏具を設計することや、修復することもできます。
つまり、いわゆるお寺にまつわるエトセトラを全て一手に引き受けることが出来るといえます。通常の家を建てた場合は、設計や施工はそれぞれ担当者がいるので、全てを一気にまとめることは難しかったりしますし、時間がかかってしまうこともあります。その為、宮大工は全てを担当できることで時間の節約にもなります。最近ではインターネット上でホームページを持つことが一般になってきている側面が有りますから、実際にどのようなことが出来るのかも確かめられます。


建築実績を掲載しているホームページを見れば、一体どのような仕事をやってくれるのかという参考にできます。さらに、木造建築の技術を応用してお寺を作ることのみならず、居住用の住宅を建設することもできます。そういった意味では、一般の工務店とは違ったマルチプレーヤーとしていろんな希望に答えてもらうことも可能であるといえます。古民家再生なども、宮大工にかかればお手のものなのです。
また、宮大工が取り入れている木組みと呼ばれる独自の技術では、釘などを一切使わずに一本一本の木材の性質に合わせた適材適所により、200年300年と耐久性の有る建物を完成させることができるのです。